季刊誌『光明』

平成30年-秋-第209号



トピックス 「西国三十三所記念法要」



  平成30年4月15日、総本山長谷寺において西国三十三所草創1300年記念法要が真言宗豊山派管長・総本山長谷寺化主田代弘興げい大導師のもと札所会加盟の全三十三カ寺の座主、管主、住職ら300人が参列し、執り行われました。
  外舞台眼前の山々をもやにかすめていたのは、前日からの雨でした。恵みの雨とはいうものの足元が悪く肌寒い中、本堂の周りは多くの参拝者で賑わいを見せています。御朱印所に並ぶ人の列はのぼりろうまで及び、1000枚用意された特別散華がまたたくまに無くなるほどです。
  はじまりを告げる鐘が鳴ると一行は本堂に向かって登廊を歩み始めました。外舞台から鮮やかなまとった三十三所の各山主が粛々と入堂し、観音さまを囲むように並びます。導師の合図で堂内にしょうみょうが響き、散華で飾られると田代猊下がひょうびゃくを読み上げ、観音霊場の興隆を祈念します。
  般若心経が始まると参拝の人たちも唱和し始め、続く観音経で山内はより一体感を増します。傘もささずに外舞台でお唱えする人、軒下で観音さまを想い、手をあわせる人。みなが一心に祈りを捧げていました。
  祈念法要が行われた4月15日は平成29年に「良(4)い(1)ご(5)縁の日」として「日本巡礼文化の日」と定められました。西国三十三観音霊場では「いまこそ慈悲の心を」をスローガンに掲げ、さまざまな記念事業に取り組んでいます。これからも長谷寺の観音さまは、数えきれない人々とご縁を結び続けていくことでしょう。


イメージ




第209号目次へ戻る→




『光明』年間購読のおすすめ


『光明』は年4回(正月/春彼岸/お盆/秋彼岸)の発行です。

年間購読の予約をされますと、毎号直接、有限会社豊山よりお送りいたしますので、大変便利です。
檀信徒以外の個人の方もご予約できます。

年間購読料について

1部:800円(税込・送料含)、2部:1,200円(税込・送料含)、3部:1,500円(税込・送料含)、4部:1,800円(税込・送料含)、5部:2,200円(税込・送料含)
※6部以上をお申し込みの場合は、有限会社豊山までご連絡下さい。



有限会社豊山

〒112-0012 東京都文京区大塚5-40-8
TEL/03-3945-3555 FAX/03-3945-0702
(土・日・祭日・その他仏教行事等で、長期お休みを頂く場合も御座います。予めご了承下さいますよう宜しくお願い致します。)