真言宗豊山派の年中行事-夏-

両祖大師 りょうそだいし 誕生会 たんじょうえ

  真言宗の宗祖である弘法大師は、 宝亀 ほうき 5年(774)6月15日にお生まれになりました。 中興 ちゅうこう の祖である 興教 こうぎょう 大師は、嘉保2年(1095)6月17日にお生まれになりました。両祖大師誕生会は、両祖大師の2日違いのお誕生をお祝いして営む法要です。旧暦ですと、ちょうど新緑の青葉が美しく目にしみるころなので「青葉まつり」と呼ばれ、各所で華やかな慶讃法要が営まれます。



盂蘭盆会 うらぼんえ

   孟蘭盆 うらぼん の原語には諸説がありますが、梵語のウランバナ(ullambana)に由来するという説が最も有名です。ウランバナは、もともと 倒懸 とうけん (逆さに吊るされる苦しみ)という意味だとされ、その起源は『盂蘭盆経』というお経に説かれています。ある年の 夏安居 げあんご (雨期である夏に、出家僧が集まって修行する期間)のこと、お釈迦さまの十大弟子の一人、 目連 もくれん 尊者が夢を見ました。夢の中で、尊者の亡き母親は餓鬼道に落ち、倒懸の苦しみを受けていました。尊者がお釈迦さまに相談申し上げたところ、「安居の最後の日である7月15日に、修行を終えた僧侶に読経してもらい、食事を供養すれば母親を救済できる」と教えられ、尊者はその供養を実践し、亡き母親を救うことができたといわれています。
  日本では、昔から先祖の霊が夏に帰って来るという言いつたえがありました。そこに仏教が伝来し、目連尊者の母親の話と合わさり、7月13日から16日までの間、祖先の霊をお迎えして供養するようになりました。7世紀の中頃には宮中の恒例行事にもなっており、以来連綿と日本の伝統になっています。長い歴史があるためか、「うらぼん」を略して「おぼん」と呼ぶことも多いようです。
  現在では、7月、または8月に行われます。お盆に際しては、 精霊棚 しょうりょうだな や迎え火・送り火、盆提灯など、さまざまな作法と言い伝えがあります。地域によって方法が大きく異なるため、菩提寺に聞くのが確実です。他にも、僧侶の 棚経 たなぎょう 、また 灯籠 とうろう 流しや盆踊り、五山送り火など、お盆に由来するさまざまな行事が各地に伝えられています。



施餓鬼会 せがきえ

  施餓鬼会の起源は、『 仏説 ぶっせつ 救抜 ぐばつ 焔口 えんく 餓鬼 がき 陀羅尼 だらに きょう 』に説かれており、お釈迦さまの十大弟子の一人、 阿難 あなん 尊者の体験に由来すると伝えられています。尊者がある夜 瞑想 めいそう していると、恐ろしい姿をした「 焔口 えんく 」という名の餓鬼が現れ、「お前の命はあと三日だ。死んだ後、次は餓鬼として生まれるだろう」と告げました。尊者がすぐにお釈迦さまに相談したところ、多くの餓鬼に施しをすべきことと、その作法を授かりました。作法のとおり、餓鬼に食物を供えて 廻向 えこう したところ、餓鬼は昇天し、尊者も天寿を全うできたということです。餓鬼は自らの口から吐く炎で食物を焼いてしまい、いつも えています。また数えきれないほどたくさんいます。ですので、普通の供養ではその功徳が行き渡らず、真言の功徳をもって施すことが必要でした。このような故事にもとづき、施餓鬼会は、春秋の彼岸やお盆と共に、大切な行事になりました。今では真言宗に限らず、さまざまな宗派がこの施餓鬼会を行っています。
  施餓鬼会では、餓鬼に施すという善根及び読経の功徳を、 三界萬霊 さんがいばんれい (我々の先祖や無縁仏を含む、この世のあらゆる 精霊 しょうりょう )に廻向します。
  施餓鬼会は、お盆の前後に行われることが多く、またお盆と同じく先祖供養を目的とすることから、「 孟蘭盆 うらぼん 施餓鬼 せがき 」として広まっています。しかし本来は別の法要であり、お盆と違って期日が決まっているわけではなく、他の月に行うお寺も少なくありません。