真言宗豊山派の年中行事-春-



だだおし( 修二会 しゅにえ

  総本山長谷寺では、2月8日より7日間、罪障消滅、無病息災、 万民豊楽 ばんみんぶらく 、国家 隆昌 りゅうしょう を祈願する修二会が厳修されます。
  この結願の14日の法会に「だだおし」と呼ばれる珍しい行事があります。伝えによると、長谷寺の徳道上人が、養老2年(717)に病いにかかり、夢うつつの間に閻魔大王より「お前は死んではならぬ、早く立ち返って西国霊場札所を開くように」とのお告げがあり、その時「 閻浮 えんぶ 金宝印 ごんほういん 」という金の宝印を授かったというのです。この宝印を参詣の善男善女の額に押し当てることから、「だだおし」の名があります。この宝印の授与は現代に引き継がれています。授与が終わる頃、赤々と燃えさかる大松明を持った赤・青・緑の鬼が本堂の周囲を三回めぐります。その時に 梵鐘 ぼんしょう 太鼓 たいこ 法螺 ほうら と僧侶の 大乱声 だいらんじょう が全山にこだまし、参詣者を興奮の渦にまきこんで、行事は最高潮に達します。
  大和に春を呼ぶ火祭りとして、総本山長谷寺の「だだおし」と東大寺二月堂の「お水取り」は、並び称されています。寒い季節ですが、春を呼ぶ祭礼ですので、ぜひお参りしたいものです。



常楽会 じょうらくえ 涅槃会 ねはんえ

  お釈迦さまの入滅された2月15日に、その遺徳を 讃歎 さんたん する法会です。堂内にお釈迦さまが伏して入滅なされた場面を描いた「涅槃図」をかかげ、僧侶が「涅槃講式」という曲を唱える法要であることから、「涅槃会」ともいいます。
  常楽会では、お釈迦さまの入涅槃の情景をわかりやすく説き、その徳をたたえた「涅槃講式」( 明恵 みょうえ 上人作)を読誦するのが法要の中心になっています。その法要は、2月14日夜半より翌15日にわたる場合もありますが、一般寺院でも数時間はかかります。お釈迦さまの入滅の様子、 荼毘 だび (火葬)への悲嘆、涅槃の因縁、 沙羅双樹 さらそうじゅ 遺跡 ゆいせき 、法会の趣旨などが、独自の抑揚をつけて唱えられます。
  なお常楽会と、4月8日の 仏生会 ぶっしょうえ (花まつり)、12月8日の 成道会 じょうどうえ は、お釈迦さまの三大法会として重んじられています。
  お釈迦さまはインドのクシナガラ城外において、80歳で涅槃に入られました。涅槃とは、古代インドのニルバーナという言葉に由来します。煩悩の炎が消された状態の安らぎ、さとりの境地を意味します。また、生命の火が吹き消されたところから、入滅、死去のこともいいます。



彼岸会 ひがんえ (春と秋)

  彼岸会の期間は、春秋の2回、春分の日と秋分の日を中日として前後各3日間、合わせてそれぞれ7日間です。春分の日と秋分の日がそれぞれ中心なのは、仏教の日本伝来以前から、これらの日が昼夜の長さが同じで、農耕の感謝祭など行われたからだと考えられています。やがて仏教が伝来するとその意味も変化します。この一週間の仏教的意義は、彼岸(あの世)にいらっしゃるご先祖さまやすべての精霊に、 此岸 しがん (この世)から我々が感謝し、自らの行いをあらためて正すことにあります。仏教でも感謝の念を継承していることがわかります。このことを念頭に、お墓参りや菩提寺の彼岸会に参加しましょう。
  ところで、我々にはこの世の迷いの きし (此岸)から悟りの岸(彼岸)へ到るために、六つの心得があります。その六つとは、 布施 ふせ (精神的、物質的なほどこし)・ 持戒 じかい (いましめを守る)・ 忍辱 にんにく (たえしのぶ)・ 精進 しょうじん (ゆるがぬ努力)・ 禅定 ぜんじょう (心の安定)・ 智慧 ちえ (真理を明らかに見ぬく洞察力)です。この実践を 六波羅蜜 ろくはらみつ ぎょう と称します。
  「暑さ寒さも彼岸まで」といわれるように、年間の区切りである春と秋の季節に、これらの心得をあらためて噛み締め、正しい生活をおくりましょう。



御影供 みえく

  真言宗の宗祖である弘法大師は、承和2年(835)3月21日、62歳で、高野山奥の院においてご 入定 にゅうじょう されました。その弘法大師への報恩謝徳のため、弘法大師の 御影 みえい (おすがたを写した図像)を拝して勤修されたので、御影供といいます。
  この法会は、弘法大師を強くお慕いされた 観賢 かんげん 僧正が、延喜10年(910)3月21日に、東寺の灌頂院で初めて修されました。以来、今日まで真言宗の各寺院でお勤めされています。ご入定された3月21日は しょう 御影供といい、特に大きく行われます。ただし実際は、旧暦に合わせて4月や5月に勤修されることも多いようです。また毎月21日の月命日にも、お大師さまのご縁日としてお勤めされています。



仏生会 ぶっしょうえ (花まつり)

  お釈迦さまは、4月8日、インドのルンビニーの花園で御誕生されました。仏生会はこの御誕生を祝う法会で、「 降誕会 ごうたんえ 」とか、「 灌仏会 かんぶつえ 」とも呼ばれます。世界各地の仏教徒がお祝いする行事であり、わが国でも、推古天皇14年(606)にはじまったと伝えられています。
  呼び方はさまざまですが、現在では親しみやすく「花まつり」として、子どもたちを中心とした 慶讃 けいさん の行事となっています。「 花御堂 はなみどう 」という、屋根を種々の花で飾った小さなお堂をつくり、その中に、お釈迦さまの 誕生仏 たんじょうぶつ をおまつりし、 甘茶 あまちゃ そそ 灌仏 かんぶつ の儀式を行います。また、白い象に乗った花御堂を子どもたちが引いたり、お 稚児 ちご さんが行列したりするなど、華やかにとり行なう寺院もあります。



恩徳会 おんどくえ

  真言宗豊山派の 派祖 はそ 、専誉僧正は、慶長9年(1604)5月5日にご 入寂 にゅうじゃく されました。恩徳会は、戦国時代に豊山の基礎を作られた恩徳に 報謝 ほうしゃ するために、ご命日に合わせて毎年営まれます。
  私たちは『檀信徒のおつとめ』や豊山流のご詠歌で、弘法大師、興教大師、専誉僧正の三人のご宝号をお唱えしています。三祖の一人として、深く帰依し、報恩謝徳の誠を捧げるという意味で、大切にお唱えしましょう。