真言宗豊山派
HOME >豊山派

真言宗豊山派

宗紋


宗紋

  「輪違わちがい」は仏さまと衆生しゅじょうは同じであり、異なることはない凡聖不二ぼんじょうふにというおしえを基にしています。

歴史

真言宗豊山派大本山護国寺 密教は、大乗仏教を大成する形で7世紀ごろのインドで始まり、やがて中国に伝えられます。そして延暦23年(804)に弘法大師こうぼうだいしが長安(現在の西安)にわたって、恵果阿闍梨けいかあじゃりからその教えを授さずかり、日本へと伝えられました。
 弘法大師によって開宗された真言宗は、東寺とうじや高野山こうやさんを中心に広められます。
 平安の末期に興教大師こうぎょうだいしによってさらに新しい力が吹き込まれると、根来寺ねごろじが創建されました。
 鎌倉時代になり、頼瑜僧正らいゆそうじょうによって新義真言の教えが成立し、根来寺を中心に栄えましたが、戦国時代の戦渦により、専誉僧正をはじめ多くの僧侶が根来寺を離れることになりました。
真言宗豊山派総本山長谷寺 その後、豊臣秀長公によって奈良の長谷寺はせでらに招かれた専誉僧正は、豊山派を興し、長谷寺は学山として栄えました。豊山派の派名は長谷寺の山号「豊山ぶざん」に由来します。
 江戸時代、五代将軍徳川綱吉とくがわつなよし公の生母である桂昌院けいしょういんが音羽(現文京区)に護国寺を建立し、豊山派の江戸の拠点として末寺を増やしました。
 現在は、全国に3,000カ寺、僧侶数5,000人、檀信徒数200万人の宗団となっています。

真言宗豊山派大本山護国寺オフィシャルHPへ
真言宗豊山派総本山長谷寺オフィシャルHPへ

このページのトップへ