福島県沖を震源とした地震により被災された皆様へ

令和4年3月16日福島県沖にて発生した地震により被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。

令和4年3月22日

真言宗豊山派
総本山長谷寺


混迷を深める社会にあって

真言宗豊山派は、宗祖弘法大師御生誕1250年正当年を来年に控え、いよいよ総本山長谷寺への総登嶺事業(多くの皆さまによる団体参拝)を、6月15日より開始いたします。
世の中を激しく揺さぶるコロナ禍も3年目に入り、今なお私たちは不安と苦難のただ中にあります。弘法大師がお示しくださった利他と慈悲の精神に則り、人々の安寧のために、そのみ教えを発信し続けることこそ、真言宗豊山派僧侶の社会に対する役割であると確信し、一致団結してこの勤めに邁進しております。
翻って、世界では国際社会の祈りも叶わず、凄惨な戦禍が勃発いたしました。尊い命を落とされたすべての方へ哀悼の意を表するとともに、苦しみの渦中におられる国内外の人びとに衷心よりお見舞いを申し上げます。
弘法大師が説かれた曼荼羅の教えは、生きとし生けるものの平等と調和を示すものであり、いかなる理由があろうとも、武力による侵攻は容認されるものではありません。この争いが速やかに終結し、穏やかな生活が一刻も早く訪れますことを強く祈念いたします。

令和4年3月

真言宗豊山派宗務総長 鈴木常英


宗務所業務時間変更のお知らせ

5月25日に東京都の緊急事態宣言が解除されましたが、引き続き新型コロナウイルスの感染拡大防止の一環として、宗務所業務時間を変更させて頂くことといたしました。
皆様にはご迷惑をお掛けしますが、ご理解下さいますようお願い申し上げます。
業務体制(変更後)
   業務時間:週5日間(月~金) 10時~15時
   変更期間:令和2年6月1日(月)~当面の間(期間未定)



TOPICS

豊山派とは

各種ご案内

災害対策室

真言宗豊山派災害対策室

災害にどのように向き合い、今後の災害に対して宗派や寺院がどう対応していくべきかについて

閲覧する >>>


福祉基金

真言宗豊山派福祉基金

真言宗豊山派福祉基金は、平成6年4月の発足以来、みなさまの絶大なるご賛同とご協力を賜り、さまざまな救援活動を行っております。

閲覧する >>>


豊山派寺院専用

豊山派寺院専用サイト

各種申請書等のダウンロード等、真言宗豊山派寺院、教会、教師を対象としております。

専用サイトへ >>>



行事/歳時記

5月

おもな行事

 1日    長野須坂市米子不動尊ご縁日
 5日    専誉僧正恩徳会
10日    相馬妙見歓喜寺東奥聖天尊浴油供
15日    米沢法音寺青葉祭
16日    高知津照寺漁業殉職者慰霊祭

暮らしの歳時記

卯(う)の花腐(くだ)し

伝統的には「くたし」と澄んで読む。旧暦四月を別名「卯の花月」ともいうが、この頃に降る長雨のこと。春雨と梅雨の間で、「走り梅雨」や「迎え梅雨」とも同じ意味。『万葉集』にもある歌語で、下って俳句の趣深い初夏の季語となった。


歳時記
生活メモ

季節のあいさつ

◯暮春のみぎり ◯吹く風も夏めいて ◯青葉若葉の好時節 ◯緑照り映える今日この頃 ◯藤棚の花房が初夏の風にゆれて


健康の知恵

イソフラボンを多く含み、骨を丈夫にしてくれる大豆食品ですが、乾物の「こうや豆腐」にもご注目を。カルシウム、鉄、亜鉛などのミネラルは豆腐よりも多く、さらには腸内環境まで整えてくれる多機能な食品です。