新型コロナウイルス蔓延の中で

東京オリンピック・パラリンピックが開催される中、新型コロナウイルス感染症は変異株へと置き換わり、更なる猛威を振るっております。感染予防に気を配る緊張の日々は既に1年半以上に及び、それぞれのご家庭やご寺院におかれましては、疲れが限界に達しているものと思われ、ここに改めまして心よりお見舞い申し上げます。
日常のご供養や諸行事につきましても、中止、もしくは規模縮小を余儀なくされ、先行きの不安は増すばかりですが、ワクチン接種や特効薬の開発に期待をしつつ、いのちに関わる多くの方がたの叡智とご努力に感謝申し上げる次第です。
さて、来る令和5年は弘法大師御生誕1250年の勝縁に当たります。コロナ禍によって様ざまな制限がございますが、目下御生誕記念事業委員会を中心に、具体的な内容が鋭意検討されているところです。
今後豊山派ご寺院、及び檀信徒の皆さまには多大なご協力を仰ぐことになるかと存じます。私共も感染症の行方を注視しながら、宗派・本山一丸となってこの大事業に取り組んでまいりますので、どうぞよろしくお願いいたします。

令和3年9月

真言宗豊山派宗務総長 鈴木常英


 令和3年8月の大雨により被害に遭われた皆様へ

  令和3年8月の大雨により被害に遭われた皆様に心よりお見舞い申し上げます。

  令和3年8月18日

真言宗豊山派
総本山長谷寺


宗務所業務時間変更のお知らせ

5月25日に東京都の緊急事態宣言が解除されましたが、引き続き新型コロナウイルスの感染拡大防止の一環として、宗務所業務時間を変更させて頂くことといたしました。
皆様にはご迷惑をお掛けしますが、ご理解下さいますようお願い申し上げます。
業務体制(変更後)
   業務時間:週5日間(月~金) 10時~15時
   変更期間:令和2年6月1日(月)~当面の間(期間未定)



TOPICS

豊山派とは

各種ご案内

災害対策室

真言宗豊山派災害対策室

災害にどのように向き合い、今後の災害に対して宗派や寺院がどう対応していくべきかについて

閲覧する >>>


福祉基金

真言宗豊山派福祉基金

真言宗豊山派福祉基金は、平成6年4月の発足以来、みなさまの絶大なるご賛同とご協力を賜り、さまざまな救援活動を行っております。

閲覧する >>>


豊山派寺院専用

豊山派寺院専用サイト

各種申請書等のダウンロード等、真言宗豊山派寺院、教会、教師を対象としております。

専用サイトへ >>>



行事/歳時記

10月

おもな行事

28日    水戸桂岸寺二十三夜尊九月縁日

暮らしの歳時記

金木犀(きんもくせい)

モクセイ科で高さ六~八メートルの常緑小高木。中国南部原産で江戸時代に日本に伝わったとされ、観賞用として公園や庭によく植えられる。強い香りが印象的だが、咲かせる橙色の花は直径一センチにも満たず、開花期間は一週間ほどである。


歳時記
生活メモ

季節のあいさつ

○秋晴の候 ○秋麗のみぎり ○清涼の気、身にしみる ○菊花薫る時節 ○空は深く澄み渡り ○暦の上では霜の降りる時節


健康の知恵

目の疲れには、立てた指を目で追いながら右へ左へ動かす目のストレッチ体操を。また、近くや遠くを交互に繰り返し見ることも、目の筋肉「毛様体筋」を柔軟にし、目の疲れや視力の衰えを防ぎます。